ホーム>こどもあーときょうしつ日記

こどもあーときょうしつ日記

展覧会まであと17日・・

案内状が出来ました!

2017101415813.JPG

今年は2種類のチョコレートをベースのデザインです。

会期は11月1日から5日です。詳しくはインフォメーションでお知らせいたします!

ま~るい世界!?

ひさびさにソラダマやフィッシュアイを使ってまるい世界をつくってみた!

20171014145751.JPG2017101414586.JPG

ソラダマレンズはスモールプラネットとのごとく不思議な空間が見えるようだ。

2017101414579.JPG20171014145727.JPG

フィッシュアイ(とくに円周魚眼)はやはりおでこの強調が一番面白い!?

ここで今話題の360度の撮影カメラで撮影すると・・・

201710141542.JPG

これはまた面白い世界が広がります!

展覧会にはいろいろ楽しめる・・・かな!?

 

パックハウス建設状況 レポ8

作り始めて半年、やっとここまで出来ました。

201710610552.JPG2017106105520.JPG

出窓やテーブルもできて次第に部屋らしくなってきたようだ。 

2017106105923.JPG2017106105945.JPG

展覧会まであとわずか、もうすこしがんばりましょう。

未成年の飲酒は絶対ダメ!

この一杯がうまい! 

2017106104739.JPG

ビールというよりドライアイス?(飲み物じゃない!) 

もちろんジョークです! 本物は20歳になるまで待ちましょう!

tupera tupera と Leonaldの世界 2

横須賀美術館から約50分、横浜そごうへやってきた。

今はレオナルド・ダ・ヴィンチ展でさまざまな発明品が展示されています。

201710610332.JPG2017106103328.JPG

ストレッチマシーン、空を飛ぶもの、水上・水中で使う道具、楽器や現在は普通に使われているものまで

500年前の人が考えたことはレオナルドって本当に天才だったんですねぇ~

201710610389.JPG2017106103832.JPG

全日空(ANA)のマークにもなった飛行体模型。        鏡の部屋は不思議空間で出口がわからなくなる人もいるとか・・

 

秋にはじめに横須賀~横浜のちょっとアートな時間をすごしました。

 

tupera tupera と Leonaldの世界

9月最後の土曜日、アトリエ恒例?突然のお出かけです。

横須賀美術館で開かれているtupera tupera絵本の世界に行ってきました。

2017106101344.JPG201710610146.JPG

おとなも子どもと一緒にゆったりしたファンタジーの世界にひたるのもいいもんですね・・・・・・

そしてもうひとつの企画展はすべてニットの世界へ!?

201710610183.JPG2017106101826.JPG

海の生き物、山の生き物、身近な道具etc・・すべてが編み物で作られています。

毛糸でお絵かき体験もおもしろいですなぁ~! 

 

さてかえろうか? え?まだほかに行きたいって? 

ということでそごう美術館へ行くことに・・・・つづく

道具は大切に!

無造作にカップに入れられていた文具、乾電池とミニカーが漏れ出していたあらビックのりで固まってしまったぁ~

2017105142033.JPG2017105142234.JPG

ある意味アート作品のように感じるが、ただものぐさが招いただけの産物である。

そしてもうひとつ!

なべで遊ぶとこうなる(怒) ナベVSトンカチ

2017105143846.JPG2017105143948.JPG

教訓:道具は大切に!

突然トトロ!?

デニムの端切れをかぶっていたら突然トトロにされた!?

2017916155150.JPG

なんとなくいいですなぁ~ 色を変えたら色々なヴァージョンができそうだ。

展覧会まであと約45日

展覧会にむけて着々と作品を作ってる毎日のアトリエです。

兄はバス、弟は電車、それぞれが始めてのペーパークラフトにチャレンジ!

2017916154834.JPG2017916154850.JPG

おぼつかない手つきだが真剣にそれぞれの完成世界があるようだ・・

パックハウス建設状況 レポ7

9月に入り回収したパックも目標の1200を超えました!

最終的に教室の広さも考え、八角形の形でおさまりそうです。

2017916153410.JPG2017916153435.JPG

ゲートも出来てサイロのような建物になりそうだが、中はカフェのようにしてほしいとのリクエストがきた・・・

出来るだけ期待にはお応えしたいのだが、さぁこの広さでどうするべきか・・・・・・・・・