ホーム>こどもあーときょうしつ日記>2019年2月

2019年2月

冬の富士山へ Part3

奇石博物館から富士山スカイラインを走り水が塚公園までやってきた。・・・が、

やはり雪遊び広場は雪は半分にも満たない…

2019218225815.JPG2019218225928.JPG

そりを楽しむところも雪がなく、少しばかりの雪をかき集めて何をつくるのだろうか?

しかし雪の中で素足って見ているほうが寒くなります。

201921823329.JPG201921823346.JPG

砂場あそびの延長ぐらいしか楽しめなかったけど、やっとできた雪山に穴をあけてみた…

ほとんど雪も氷と化しているし、手もかじかんできたようなのでそろそろ終わりにしましょ!20192182360.JPG2019219114913.JPG

ということで何とか今年の雪遊びは終了となりました!

参加のみなさんご満足いただけたかな!? えっ!? また来たいって? 

今回も希望者が多かったようなのでまた企画することになりそうですね・・・

 

 

冬の富士山へ Part2

今回の参加メンバーは“奇石博物館”が初めてらしい。

2019219113751.JPG2019219113811.JPG

石琴になるサヌカイト・テレビ石・こんにゃく石など学芸員さんからいろいろな石について解説していただきました。

2019218224014.JPG2019218224030.JPG

初めて見る石の世界に少々テンションがあがったようだ。

2019219114027.jpg2019218224728.JPG

窓の外は青い空に富士山が映えている。

こころなしか・・今年は雪が少ないように思えるのだが‥‥

 

とりあえず午後は雪遊び広場に行ってみよう!

冬の富士山へ Part1

2月に入って寒い日が続きます。

富士山を目指して西へ走ること約2時間…

2019218213748.JPG

リクエストにお応えして2年半ぶりにやって来たのは”奇跡博物館”!

今回も宝石探し体験からスタート‼

2019218213621.JPG2019218213720.JPG

真剣なまなざしでトレジャーハンティング。 これだけの宝石を見つけることができました。

2019218214548.jpg2019218214626.JPG

さて、次は博物館にも入ってみよう!

スマホ世代はひろがる...

現代のこどもたちもスマホが生活のほとんどを占めているようである。

2019218215736.JPG

くれぐれもネット依存などに注意してほしいものですね。

デジタルでは学べないこともたくさんあるのです。

 

本物はもう少し先...

幼稚園・保育園児にとって、たとえダンボール製でもランドセルは憧れのようだ。

2019218221054.jpg2019218221119.JPG

本物よりかなり軽いので小さなこどもにはいいのかもしれませんが、試作品のためこわれやすそうです。

2019218221815.JPG

一年生が待ち遠しい⁉ とある冬の一場面でした。

ダンボールのランドセル

牛乳パックでかわいいランドセルを作ったら背負えるのが欲しいとのリクエスト…

そんなむちゃぶりにおこたえして、ダンボールを使ってランドセルを作ってみた。

201929202428.JPG201929202447.JPG

もともと資源回収に出すはずのものがリサイクルされたようだ。

 

 

それぞれのお仕事?

とにかくアトリエの生徒は個性的な子が多いようだ。

2019292016.JPG

ソーイングに熱中するのは姉妹ならではであろうか・・以前この子の姉もミシンを使いこなしていた。

20192920126.JPG20192920423.JPG

なぜかアルミボールを作り磨く…それに連鎖?して…アルミキューブ?

……そして…能面?

20192920824.JPG

彼は能面がかなりお気に入りなようで、紙で立体の面を作ってみた。

様々な発想をしてくれるのは楽しいのだが、時折理解できない作品を作る場合がある

本当に個性派ぞろいです。